TOP > 入れ歯が合わない・ガタつく(入れ歯)

歯を失ったら放っておかないようにしましょう

歯を失ってしまった部分を放置していませんか? 実は歯がない部分を放っておくことによる影響は、「見た目が悪い」という問題だけでは済みません。発音や咬み合わせに不具合を招き、隣接する歯が空いたスペースに傾くことで歯並びを乱してしまうといった問題も引き起こす可能性があるのです。歯は、上下前後そろっていてこそ正しく機能します。失った部分を放っておかず、入れ歯などできちんと補うようにしましょう。

また今お使いの入れ歯が痛い、ガタつくなど、ご不満を感じている場合にも、当院までご相談ください。不具合の原因を探し、一人ひとりのお口に合った入れ歯をご提案します。

保険と自費の入れ歯の違いとは

入れ歯には保険治療のものと自費治療のものがあります。

保険入れ歯 保険が適用できるため費用が抑えられることや、製作期間が短く済む点がメリットです。ただし、床部分(歯ぐきにあたる部分)の素材はレジンにかぎられているため厚みがあり、金属のバネを遣うので見た目や装着感を追求することはできません。
自費入れ歯 自費治療のため費用は比較的高額になりますが、素材や様式の選択肢に制限がなく、見た目や装着感、咬み心地などを追求することができます。金属を使わない入れ歯もあります。

あき歯科医院の入れ歯メニュー

食事の温度が伝わりやすい ~金属床義歯(自費)~

提供:杏友会
床部分が金属でできた入れ歯。金属は熱伝導率が高いため食べ物の温度が伝わりやすく、食事をおいしくとることができます。また金属は薄くできるため、装着感にも優れています。
バネがなく目立たない ~ノンクラスプデンチャー(自費)~

提供:杏友会
金属の引っかけるバネ(クラスプ)がない入れ歯。目立たないことで特に女性に人気があります。歯ぐき部分は柔らかいシリコンでできており、フィット感にも優れているほか、金属アレルギーの心配もありません。
安価でオーソドックス ~レジン床義歯(保険)~

提供:杏友会
歯ぐきの部分がレジンでできた、もっともオーソドックスな保険の入れ歯。金属のバネを歯にかけます。床部分に厚みがあり、装着感や見た目は追求できませんが、費用を抑えられるのが一番のメリットです。また治療期間が短く、修理しやすいのも特徴です。

院長からのメッセージ

入れ歯のお手入れを怠ると、お口によくないのはもちろん、口臭の原因にもなります。入れ歯も毎日きちんとみがきましょう。お手入れの際には液体洗浄だけでなく、入れ歯専用のブラシを使うことがポイントです。お手入れの仕方など、わからないことがあれば何でもご相談くださいね。

初診専用 ご予約・ご相談はこちらからどうぞ! インターネット診療予約

TO PAGE TOP