TOP > 歯周病・虫歯になりたくない(予防歯科)

予防歯科の重要性

歯周病や虫歯になってしまったら、早めに治療を受けることが大切です。しかし、もっといいのは、それらの病気にかからないように予防することです。

歯周病や虫歯は、一度治したらもうならない、という病気ではありません。日頃のケア次第で、なりにくい状態を維持できたり、逆になりやすい状態になってしまったりもするのです。つまり、自分の心がけ次第で、いいようにも悪いようにもなるということなのです。

お口の中を、虫歯や歯周病になりにくい、いい状態にキープするためには、予防の意識を強く持ってセルフケアとプロケアの両方を、しっかりと行うことが欠かせません。日頃のブラッシングをきちんと行い、その上で定期検診に通ってメインテナンスを受け、お口の健康を守っていきましょう。

ずっと自分の歯を残したい方は、定期検診でメインテナンスを

毎日しっかりブラッシングをしているつもりでも、どうしてもみがき残しは出てしまうものです。また、自分のお口の中を自分で見ることはできません。そこで、定期的にプロによる診察を受ける「定期検診」が重要になります。最低でも半年に1回、また重度の歯周病の方は月に1回の割合でお越しいただけると安心です。

予防歯科メニュー

定期検診では、お口の中の診察に加え、ご自身では取り除けない汚れをプロの手で徹底的に除去するなど、適切なメインテナンスを行います。サロン感覚で、お口の中をすっきりさせるために通っていただければと思います。

クリーニング(PMTC)
PMTCとは、日頃のブラッシングだけではどうしても落とし切れない歯の汚れを、プロの手で専門の器具を使って徹底的に落とす処置。虫歯や歯周病の予防になるほか、軽度の着色汚れが落とせ、また口臭予防にも効果的です。
ブラッシング指導

毎日欠かせないブラッシングは、正しくできてこそ意味があるものです。しかし、ブラッシングはどうしても一人ひとりにクセがあり、みがき残しができやすいもの。

当院では経験豊かな歯科衛生士が、歯周病専門医と連携をとりながら、一人ひとりのクセをふまえ、歯周病予防をより意識して適切なブラッシング方法を指導します。

また、ブラッシング方法同様、患者さん一人ひとりで適切なケアグッズも異なります。口腔内をチェックし、必要に応じて歯ブラシ(電動歯ブラシを含む)、歯みがき粉、その他のフロスや洗口液などのケアグッズの選び方に関するアドバイスを行います。

オススメ歯科グッズの紹介

ワンタフト 毛束が1つしかない歯ブラシです。歯と歯ぐき、歯と歯の間、また歯の裏側など、通常の歯ブラシが入りにくい部分にも届く形になっています。
歯間ブラシ 歯ブラシでは行き届かない歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目を、キレイに清掃できます。
薬用マウスウォッシュコンクールF ブラッシング後のみがき残しをキレイに洗い流すことができる、マウスウォッシュ液。矯正治療中の方にもオススメです。
フロス 歯と歯の間のプラーク(歯垢)は、ブラッシングだけでは落とすことができません。デンタルフロスで歯間を掃除し、すみずみまでキレイにしましょう。

先生からのメッセージ

当院では「病気になる前の通院」をおすすめしています。経験豊かな歯科衛生士が、一人ひとりの患者さまに適した正しいブラッシング指導を行いますので、毎日のケアに活かしてください。定期検診には、少なくとも半年に1回、歯周病が重度の方も1ヶ月に1度の割合でご来院いただくと安心です。

初診専用 ご予約・ご相談はこちらからどうぞ! インターネット診療予約

TO PAGE TOP